Almost all the terms/phrases are shown here. (ブログ内のほぼ全ての用語&フレーズをこちらにひとまとめにしております)

Note: Tank-Action Meanings (EN/JP)

  One of the Japanese tank action, "インビンシブル (invincible)," can you come up with the action equal to that in English?
  You may easily infer the word from this Japanese. Then, how different the words and those meanings of actions between English and Japanese?
  英語名での各アクションの意味も追加してみました。細かいニュアンスにも言及しているので、ご興味があればどうぞ!

Paladin | ナイト (knight)

Actions

EnglishJapanese
Fast Bladeファストブレード
Fight or Flightファイト・オア・フライト
Riot Bladeライオットソード
Total Eclipseトータルエクリプス
Shield Bashシールドバッシュ
Iron Willアイアンウィル
Shield Lobシールドロブ
Rage of Haloneレイジ・オブ・ハルオーネ
Spirits Withinスピリッツウィズイン
Sheltronシェルトロン
Sentinelセンチネル
Prominenceプロミネンス
Coverかばう
Circle of Scornサークル・オブ・ドゥーム
Hallowed Groundインビンシブル
Goring Bladeゴアブレード
Divine Veilディヴァインヴェール
Clemencyクレメンシー
Royal Authorityロイヤルアソリティ
Interventionインターベンション
Holy Spiritホーリースピリット
Requiescatレクイエスカット
Passage of Armsパッセージ・オブ・アームズ
Holy Circleホーリーサークル
Interveneインターヴィーン
Atonementロイエ
Confiteorコンフィテオル

Note

Cover | かばう (kabau)

"Cover" = "かばう (kabau)"
  It's like rhyming. Japanese people often use rhymes when they say some joke: "栄養は体にええよぉ (eiyou-ha-karada-ni-eeyou)," means "Nourishment is good for your health."
  The joke like this is called "ダジャレ (dajare)" and has an affinity with puns.

Circle of Scorn | サークル・オブ・ドゥーム

"ドゥーム" = "doom"
  So, "サークル・オブ・ドゥーム" can be written as "Circle of Doom."

Hallowed Ground | インビンシブル

"インビンシブル" = "invincible"
  It's far from the English name. I prefer "インビンシブル" for this clarifying how reliable it is!

Atonement | ロイエ

"ロイエ" = "repent"
  It's a German word "Reue." These words correspond to each other between Japanese and English.

Warrior | 戦士 (sen-shi)

Actions

EnglishJapanese
Heavy Swingヘヴィスウィング
Maimメイム
Berserkバーサク
Overpowerオーバーパワー
Defianceディフェンダー
Tomahawkトマホーク
Storm's Pathシュトルムヴィント
Thrill of Battleスリル・オブ・バトル
Inner Beast原初の魂
Vengeanceヴェンジェンス
Mythril Tempestミスリルテンペスト
Holmgangホルムギャング
Steel Cycloneスチールサイクロン
Storm's Eyeシュトルムブレハ
Infuriateウォークライ
Fell Cleaveフェルクリーヴ
Raw Intuition原初の直感
Equilibriumエクリブリウム
Decimateデシメート
Onslaughtオンスロート
Upheavalアップヒーバル
Shake It Offシェイクオフ
Inner Release原初の解放
Chaotic Cycloneカオティックサイクロン
Nascent Flash原初の猛り
Inner Chaosインナーカオス

Note

Defiance | ディフェンダー

"ディフェンダー" = "defender"
  The behavior or the one who protects someone are the main differences between "Defiance" and "ディフェンダー." I feel "Defiance" has a closer image of warrior.

Storm's Path | シュトルムヴィント

"シュトルム" (Sturm) = "storm," "ヴィント" (Vint) = wind
  They are German words. "シュトルムヴィント" represent deadly wind by itself.

Inner Beast | 原初の魂

"原初の" = "primordial" or "primal," "魂" = "soul"
  This "原初" also has a nuance like "not civilized." Not directly, but there's an affinity of images between "原初" and "beast."

Storm's Eye | シュトルムブレハ

"シュトルム" = "storm," "ブレハ" (Brecher) = "breaker"
  They are German words. "Storm's eye" lets us imagine the silence surrounded by a deadly wind, on the other hand "シュトルムブレハ" has a direct violent image, "BREAKER".

Infuriate | ウォークライ

"ウォークライ" = "warcry"
  It's a shout to strengthen people before a battle. There's no nuance of anger in itself that "Infuriate" has.

Raw Intuition | 原初の直感 (gensho-no-chokkan)

"直感" = "intuition"
  "原初の直感" can be literally translated as "primal intuition."

Inner Release | 原初の解放 (gensho-no-kaihou)

"解放" = "release"
  This "原初" refers "inner" like "Inner Beast"/原初の魂" written above.

Nascent Flash | 原初の猛り (gensho-no-takeri)

"猛り" = "enraged" or "too excited"
  "原初の猛り" has an aggressive image unlike "Nascent Flash."

Dark Knight | 暗黒騎士 (ankoku-kishi)

Actions

EnglishJapanese
Hard Slashハードスラッシュ
Syphon Strikeサイフォンストライク
Unleashアンリーシュ
Gritグリットスタンス
Unmendアンメンド
Souleaterソウルイーター
Flood of Darkness暗黒の波動
Blood Weaponブラッドウェポン
Shadow Wallシャドウウォール
Edge of Darkness暗黒の剣
Dark Mindダークマインド
Living Deadリビングデッド
Salted Earthソルトアース
Plungeプランジカット
Abyssal Drainアビサルドレイン
Carve and Spitカーヴ・アンド・スピット
Bloodspillerブラッドスピラー
Quietusクワイタス
Deliriumブラッドデリリアム
The Blackest Nightブラックナイト
Stalwart Soulストルワートソウル
Flood of Shadow漆黒の波動
Edge of Shadow漆黒の剣
Dark Missionaryダークミッショナリー
Living Shadow影身具現

Note

Flood of Darkness | 暗黒の波動 (ankoku-no-hadou)

"暗黒の" = "dark," "波動" = "surge" or "wave"
  "暗黒の波動" can be translated literally as "dark wave" and it has an impression of power goes in a particular direction not like with "Flood of Darkness" from its name.

Edge of Darkness | 暗黒の剣 (ankoku-no-ken)

"剣" = "sword"
  The differences between them are the explanation of a weapon or the sharp part of that.

Plunge | プランジカット (plunge-cut)

"カット" = "cut"
  "Cut" is added to "plunge." The image of this usage of "cut"' is same to "short cut"..?

Delirium | ブラッドデリリアム (blood-delirium)

"ブラッド" = "blood"
  "Blood" is added to "delirium." Why did you make it longer, Yoshi-P..? "Why Japanese people!?"

("Why Japanese people?" is a joke by a famous comedian in Japan.)

The Blackest Night | ブラックナイト (black-night)

  Japanese name is shorter than English and this change of form often occurs in katakana words.
  Detailed explanation of this "katakana words" (borrowed words) is available below.

Flood of Shadow | 漆黒の波動 (shikkoku-no-hadou)

"漆黒" = "jet black"
  It refers to a color unlike "暗黒." (黒 = black)

Living Shadow | 影身具現 (kagemi-gugen)

"影身" = "shadow," "具現" = "make something emerge with its own body"
  "影身具現" relates to "Living Shadow" considering the dark knight's story.

  The names in Japanese have characteristics of an OTAKU word, "中二病" (chu-ni-byou): literal translation is "disease of 2nd year of middle school." Children around the age tend to strengthen their imagination of MAGICAL POWER that they just want to believe they have potentially and to act cool as if they were mature. In fact, "中二病" is not a disease, of course. But it's like a sick that one don't want to bring back to memory. "ブラッド (blood)", "暗黒 (dark)", "剣 (sword)" are the popular images of "中二病."
(Ouch..! My third eye is aching..!!)

  Katakana words ("Katakana" is one of Japanese characters.) like "ブラックナイト" are the mixture of borrowed foreign words. When a katakana word is formed, the grammar of the original language is often ignored. Even if there's already a word for describing something in the original, a katakana word shows another shape and meaning.
Example: "ハイテンション" (high-tension) = hyper, excited

Gunbreaker | ガンブレイカー

Actions

EnglishJapanese
Keen Edgeキーンエッジ
No Mercyノー・マーシー
Brutal Shellブルータルシェル
Camouflageカモフラージュ
Demon Sliceデーモンスライス
Royal Guardロイヤルガード
Lightning Shotサンダーバレット
Danger Zoneデンジャーゾーン
Solid Barrelソリッドバレル
Burst Strikeバーストストライク
Nebulaネビュラ
Demon Slaughterデーモンスローター
Auroraオーロラ
Superbolideボーライド
Sonic Breakソニックブレイク
Rough Divideラフディバイド
Gnashing Fangビートファング
Savage Clawサベッジクロウ
Wicked Talonウィケッドタロン
Bow Shockバウショック
Heart of Lightハート・オブ・ライト
Heart of Stoneハート・オブ・ストーン
Continuationコンティニュエーション
Jugular Ripジャギュラーリップ
Abdomen Tearアブドメンテアー
Eye Gougeアイガウジ
Fated Circleフェイテッドサークル
Bloodfestブラッドソイル
Blasting Zoneブラスティングゾーン

Note

Lightning Shot | サンダーバレット (thunder-bullet)

"サンダー" = "thunder," "バレット" = "bullet"
  In Japanese, people usually don't distinguish "lightning" and "thunder." And "thunder" is preferred to use.

Superbolide | ボーライド (bolide)

  Japanese name is lacked of "super." Bolode is a French word that means "fireball."

  In case you'd like to know deeper, take a look here: wikipedia: Bolide

Gnashing Fang | ビートファング (beat-fang)

"ビート" = "beat," "ファング" = "fang"

Bloodfest | ブラッドソイル (blood-soil)

"ブラッド" = "blood," "ソイル" = "soil"

Roll Actions

Actions

EnglishJapanese
Rampartランパート
Low Blowロウブロウ
Provoke挑発
Interjectインタージェクト
Reprisalリプライザル
Arm's Lengthアームズレングス
Shirkシャーク

Note

Provoke | 挑発 (cho-hatsu)

  Almost same meaning.

Shirk | シャーク

  Almost same pronunciation. But this "シャーク" is much confusing to Japanese players since this Katakana word also shows "shark" and people are not familiar with "shirk."
(Not a nursery rhyme, "Baby Shark!")

Summary

  Knowing another aspect of the actions like this is amusing, don't you think so?
  For me, just looking at the katakana words don't make any sense because I can't imagine their original spells. I got enthusiastic about this comparison and I'll continue this.
  If I made some mistakes to pick the nuances of the words, letting me know that is appreciated!
  It's my pleasure if you got curious about these differences and Japanese language!

英語→日本語(訳・一言メモ)

  スキル内容と照らし合わせながら、適宜意訳を付け加えています。
  「名詞+名詞」になっているスキルなど、文法的にそのままでは一語として訳しづらいものについては、一方を形容詞扱いするなどで対応している旨ご承知おきください。
  また、あくまで個人的なイメージで作った表のため、大きな違和感があるものなどについてはご指摘いただると幸いです。

ナイト

EnglishJapanese一言
Fast Bladeファストブレード直訳すると「高速の刃」
Fight or Flightファイト・オア・フライト直訳すると「戦うか、逃げるか」
Riot Bladeライオットソード直訳すると「反乱の剣」
Total Eclipseトータルエクリプス「皆既食」の意("of the moon"を繋げて「皆既月食」となったりします)
Shield Bashシールドバッシュ直訳すると「盾の殴打」
Iron Willアイアンウィル「鉄の意思」の意
Shield Lobシールドロブわかりやすく意訳すると「盾を高く投げつける」("lob"は極めて高く、緩やかなカーブを作って的に向かって撃つこと)
Rage of Haloneレイジ・オブ・ハルオーネ直訳すると「ハルオーネの憤怒」("rage"は「時間切れ」の意味の用語にもなっています)
Spirits Withinスピリッツウィズイン直訳すると「内なる精神」(通常は"within + 物"ですが、不在なので仮訳です)
Sheltronシェルトロン平易な訳をとれば「軍隊」となるかと思います。バタリオンと類似語のようです
Sentinelセンチネル「歩哨」「見張り守る」の意
Prominenceプロミネンス「卓越」「隆起」の意
Coverかばうダジャレ / 意訳すると「守る」
Circle of Scornサークル・オブ・ドゥーム意訳すると「(集団による)軽蔑の輪」でしょうか。「ドゥーム」は"doom"で「破滅」の意
Hallowed Groundインビンシブル英和を引くと「霊場」と出ます。違和感があるためここでは意訳で「聖なる地」を推します。「インビンシブル ("invincible")」は「無敵の」の意(表下の【余談1】もぜひどうぞ)
Goring Bladeゴアブレード直訳すると「突きの刃」(動詞を形容詞化したものと捉えました。"gore"には「(牙や角で)突く」ニュアンスがあります)
Divine Veilディヴァインヴェール直訳すると「(天から授かった)神聖なベール」
Clemencyクレメンシー慈悲(「減罪」のような意味で法の下に使われるようです)
Royal Authorityロイヤルアソリティ「王権」の意
Interventionインターベンション「介入」の意。「(敵からの攻撃に)割り込んで助ける」と考えればスキルの内容にも類似性があるのかも
Holy Spiritホーリースピリット直訳すると「聖なる精神」(キリスト教では固有名詞扱いで「聖霊」と呼ばれます)
Requiescatレクイエスカット「鎮魂の祈り」の意(ラテン語の"requiescat in pace" = "rest in peace" [RIP])。"requiem"と語幹が同じです
Passage of Armsパッセージ・オブ・アームズ14-15世紀に流行した、騎士同士の試合のこと(詳細は【余談2】にて)
Holy Circleホーリーサークル直訳すると「聖なる(円形の)領域」
Interveneインターヴィーン「インターベンション」の動詞形
Atonementロイエ「罪滅ぼし」の意。固有名詞扱いすると、宗教的な意味での「贖罪」となります。ロイエ("Reue" [独])は「後悔」の意
Confiteorコンフィテオル「(教会で行われる)罪の告白・許しの嘆願のための祈り」のこと。秘跡の一つである「告解」とは区別されます。大きく見ると"confess"のお友達

【余談1】:"hallowed"と"holy"の違い

  気になったので調べてみました。
"hallowed"(形容詞)…「神聖な」「神聖化された」。"hallow"(動詞)が形を変えたもの。外的な作用があって「神聖化された」、というニュアンスを持ちます。("excite"と"excited"を想像するとわかりやすいかもしれません)
"holy"(形容詞)…「(神に連なる)神聖な」。複数のサイトで調べたところ、主に唯一神としての「神」に直接関係を持つものを形容する際に使われるようです。
"hallowed," "holy"とその他の類義語について説明・考察がされているページ(英語)がありましたので、一緒にご紹介しておきます。英語(語学)の知恵袋のようなサイトです。凄まじくお世話になっています。

【余談2】:"passage of arms"とは

  英和で調べると「殴り合い」や「口論」と出ましたが、違う気しかしないので更に調べてみました。
  由来がフランス語にあるらしく、元の語はPas d'armes(英語Wiki)。簡潔に要約すれば「14-15世紀に見られたもので、一騎士が門や橋を通るために、その守り手の騎士と戦う」ことです。武器不所持の場合には与えられたらしく、「騎士道」「一騎打ち」といった言葉がまさにふさわしいです。
  FF14でいえば「仲間を討ちたければ、守り手たる私を倒せ!」といったところでしょうか。カッコイイけど調べるのすごく大変だったよ…!

【余談3】:ナイトのスキルの特徴
  全体的に「宗教的」「騎士精神」が感じられる内容となっています。白魔道士も宗教的なニュアンスの語が多いため、スキル名的には良いペアになるジョブだと思います。薄い本にどうぞ。

戦士

EnglishJapanese一言
Heavy Swingヘヴィスウィング直訳すると「重い振り」。斧を振り子状に強く打ち付けるイメージかと思います
Maimメイム「(完治しないほどの)重症を負わせる」の意
Berserkバーサク「(抑制ができないほど)凶暴な」の意
Overpowerオーバーパワー「(武力により)征服する」の意
Defianceディフェンダー「(不敬から来る)反逆」の意。日本語版は「守護者」の意
Tomahawkトマホーク北米原住民が使用する小ぶりの斧のこと
Storm's Pathシュトルムヴィント直訳すると「嵐の通り道」。シュトルムヴィント("Sturmwind" [独] = "storm wind")は「暴風」の意
Thrill of Battleスリル・オブ・バトル直訳すると「戦いの興奮」
Inner Beast原初の魂直訳すると「内なる獣」。より粗暴な感じがします
Vengeanceヴェンジェンス「(暴力を伴う)報復」の意
Mythril Tempestミスリルテンペスト直訳すると「ミスリルの大嵐」。ミスリルは架空の金属のことで、スキル内容を加味すると「斧(金属)を振り回す戦士自身が嵐のようなもの」というイメージでしょうか
Holmgangホルムギャング決闘(詳細は表下の【余談1】にて)
Steel Cycloneスチールサイクロン直訳すると「鋼鉄の暴風」。(「暴風」と訳される各英語の違いについては【余談2】をどうぞ)
Storm's Eyeシュトルムブレハ直訳すると「台風の目」。シュトルムブレハ("Sturmbrecher [独]" = "storm breaker")は直訳すると「嵐を起こす者」の意
Infuriateウォークライ「激高させる」の意。ウォークライ("war cry")は「(戦の前に)味方を鼓舞し敵を威嚇するための叫び」のこと。スポーツの試合の際にも見られます
Fell Cleaveフェルクリーヴ直訳すると「凶暴に切り裂く」。"fell"と"cleave"は学術上(意味論)関係があるとされ、両者を"chop down(伐採する)"の意味で使うことも
Raw Intuition原初の直感意訳すると「(自然発生し、制御を受け付けない)強烈な直感」
Equilibriumエクリブリウム直訳すると「(感情の)落ち着き」の意
Decimateデシメート「(多くの人や動物を)滅ぼす」の意。古代ローマの10人のうち1人を殺す刑罰の名前でもあります
Onslaughtオンスロート「(暴力としての)猛攻」の意
Upheavalアップヒーバル「(主に悪い効果をもたらす)激動」の意
Shake It Offシェイクオフ直訳すると「振り落とす」の意。ドンマイのように人を勇気づける使われ方も
Inner Release原初の解放直訳すると「内なる(苦痛からの)開放」
Chaotic Cycloneカオティックサイクロン直訳すると「混迷たる暴風」
Nascent Flash原初の猛り直訳すると「発生しかけているひらめき」
Inner Chaosインナーカオス直訳すると「内なる混沌」。これだけ"inner"が「原初」と訳されていません

【余談1】:"Holmgang(ホルムギャング)"とは
中世初期頃までスカンジナビアで行われていた決闘のこと。議論を収めるのに用いられ、戦いが終わるまでに3-7日かかったそうです。より詳細はHolmgang(英語Wiki)をどうぞ。

【余談2】:"storm (cyclone)" / "tempest"の違い
勢力の強さの違いがあるようです。具体的にはstorm < tempest。ただし"tempest"は常用される語ではありません。
  また"cyclone" = "storm"で、インド洋で発生した台風の呼称です。「ハリケーン」も単なる呼称に過ぎず、台風の発生地によって名前は変わります。(以下の表を参照のこと)

cyclonetyphoonhurricane
インド洋北太平洋北大西洋

  超余談ですが、更に調べるとアルファベット順で名前をつけるものとなっているらしく、最初の台風は「A」("Amy"など)から始まり次の台風はB, C…と続くようです。数字で表す日本とはまた違った側面が見られますね。

【余談3】:戦士のスキルの特徴
  「野生」「未開」「野蛮」といったイメージが付きまとうものばかりといった印象です。風にまつわるスキルが多いです。

暗黒騎士

EnglishJapanese一言
Hard Slashハードスラッシュ直訳すると「強力な切りつけ」
Syphon Strikeサイフォンストライク直訳すると「(サイフォンで)吸い込む突き」
Unleashアンリーシュ「(強烈な感情や力を)解き放つ」の意
Gritグリットスタンス「根性」の意
Unmendアンメンド「修復しない」「治さない」の意(転じて「壊す」「傷つける」の意かと)
Souleaterソウルイーター直訳すると「魂を食らう者」
Flood of Darkness暗黒の波動直訳すると「暗黒の氾濫」
Blood Weaponブラッドウェポン直訳すると「血の武器」
Shadow Wallシャドウウォール直訳すると「影の壁」
Edge of Darkness暗黒の剣直訳すると「暗黒の刃」。"edge"…刀身というよりは、刃そのもの(特に切れ味)に重点が置かれます
Dark Mindダークマインド直訳すると「暗黒の心」
Living Deadリビングデッド「生ける屍」の意。つまりはゾンビのこと
Salted Earthソルトアース直訳すると「塩の地」。水気の干上がった大地を彷彿とさせます
Plungeプランジカット「(離れた前方に突然)突っ込む」の意。
Abyssal Drainアビサルドレイン直訳すると「深海の枯渇」ですが、意訳で「深淵の力によって精根を奪うこと」とします。(詳細は【余談1】にて
Carve and Spitカーヴ・アンド・スピット直訳すると「肉を刻み(細い棒で)突き刺す」の意。"spit"には「唾棄する」の意味も
Bloodspillerブラッドスピラー直訳すると「血を(あふれるほどに)流す者」の意
Quietusクワイタス「(生からの開放としての)死」の意
Deliriumブラッドデリリアム「精神錯乱」の意。「ブラッド」は厨二感を出したかったのでしょうか
The Blackest Nightブラックナイト直訳すると「漆黒の夜」。カタカナだと「騎士」とも「夜」とも取れて面白いですね。また英語では最上級が使われています
Stalwart Soulストルワートソウル直訳すると「忠誠心の厚い魂」
Flood of Shadow漆黒の波動直訳すると「影の氾濫」
Edge of Shadow漆黒の剣直訳すると「影の刃」
Dark Missionaryダークミッショナリー直訳すると「闇の伝道者」
Living Shadow影身具現直訳すると「生ける影」

【余談1】:"abyssal drain"
  "abyssal"を調べると「深海」という意味に繋がりますが、少しばかり違和感が残ります。"abyss"を形容詞化したものと捉えれば「深淵の」と扱うこともできるかと思い、意訳を足しました。"drain"には「枯渇する」「飲み干す」のニュアンスがあり、スキルの内容からも「精根を奪う」が適当かと考えます。

【余談2】暗黒騎士のスキルの特徴
  日本語も英語も片腕に秘められし封印が疼きそうですが、漢字表記ほど厨二感をもたらしてくれるものはありません。さすが「暗黒」騎士だけあって「闇」「影」「スプラッタ」に関わる語が多いです。

ガンブレイカー

EnglishJapanese一言
Keen Edgeキーンエッジ直訳すると「(感覚の)鋭い刃」
No Mercyノー・マーシー???「慈悲はない」 / 真面目に書くと、これは名詞なので「無慈悲」でいいかと思います
Brutal Shellブルータルシェル直訳すると「残忍な(散弾銃の)弾薬」。シリーズ的にはバリアの魔法なので、二重の意味を持っているかもしれません。"brutal"は"cruel"よりも酷い意味を持ちます
Camouflageカモフラージュ「偽装」の意
Demon Sliceデーモンスライス直訳すると「残虐な削ぎ」。名詞が並んでいるので"demon"を形容詞化しました
Royal Guardロイヤルガード直訳すると「王の守り」
Lightning Shotサンダーバレット直訳すると「稲妻の銃弾」。(表下の【余談1】もぜひどうぞ)
Danger Zoneデンジャーゾーン直訳すると「危険地帯」
Solid Barrelソリッドバレル直訳すると「中身の詰まった銃身」。"solid"には「硬い」の意味もあります
Burst Strikeバーストストライク意訳すると「爆発的に叩き込む」でしょうか。"strike"は「(手や武器で故意に)叩く」意味があります
Nebulaネビュラ「星雲」の意
Demon Slaughterデーモンスローター直訳すると「残虐な大量殺戮」。"slaughter"自体に「残虐」という意味があるので意味が被っている気がします
Auroraオーロラそのまま「オーロラ」
Superbolideボーライド「スーパーボーライド」または「火球」が知られた呼び名だと思います
Sonic Breakソニックブレイク直訳すると「音速の破壊」
Rough Divideラフディバイド意訳すると「乱暴に斬り分かつ」でしょうか。"deivide"は「(2つ以上に)分ける」意味があるので、剣で斬る感じを優先しました
Gnashing Fangビートファング直訳すると「歯ぎしりする牙」。「ビートファングは」は「打ち負かす牙」と訳してもいいかと思います
Savage Clawサベッジクロウ直訳すると「野蛮な爪」。特に「鉤爪」を意味します
Wicked Talonウィケッドタロン直訳すると「不道徳な鋭い爪」(「爪」の語の詳細は【余談2】にて)
Bow Shockバウショック直訳すると「気力を削ぐ打撃」
Heart of Lightハート・オブ・ライト直訳すると「光の心」
Heart of Stoneハート・オブ・ストーン直訳すると「石の心」
Continuationコンティニュエーション「連続」の意
Jugular Ripジャギュラーリップ直訳すると「急所(特に頸部)を裂く」
Abdomen Tearアブドメンテアー直訳すると「腹部を切り裂く」("rip"と"tear"の違いについては【余談3】にて)
Eye Gougeアイガウジ意訳すると「目潰し」。"gouge"は「(特定の場所に深く)穴を開ける」という意味です
Fated Circleフェイテッドサークル直訳すると「(破滅の)宿命の輪」。"fated"は「避けられない運命の」といったニュアンスを持ちます
Bloodfestブラッドソイル意訳すると「血祭り」でしょうか。「ブラッドソイル」は「血の大地」と言い換えられるかと思います
Blasting Zoneブラスティングゾーン直訳すると「爆破地帯」

【余談1】:"lightning shot"と"thunder bullet(サンダーバレット)"の違い
  "lightning"と「サンダー」 / "shot"と「バレット」、この2つの類義語について意味の違いを表にまとめてみました。

lightningthunder(サンダー)違い
稲光雷鳴「光」か「音」か
shotbullet(バレット)違い
球状円筒状(円錐状)「形状」の差

  名詞の"shot"は「銃弾」の他に「(弾を撃った結果としての)発泡」の意味もあります。動詞の"shoot"の過去形(過去分詞形も同様)でもあります。
より詳細を知りたい人はWhat is the difference between bullet and shot?(英語)も併せてご覧ください。

【余談2】:"claw"と"talon"の違い
  どちらも猛禽類の爪を指す際に使われる語です。こちらも表を用意しました。

clawtalon違い
鉤爪を指す足指・鉤爪まるごとを指す「爪」「語彙に括られる部位」の差

参照先(Talons VS Claws: What’s the Difference? / 英語)もよろしければどうぞ。

【余談3】:"tear"と"rip"の違い
"tear"…「(紙などを2つに分かれる形で)引っぱって裂く」。
"rip"…「(tearよりも暴力的に力いっぱいに)裂く」。手だけではなくナイフなどの道具を利用する場合に用いられます。
  布など、裂くのに力が必要な作業については"rip"の方が多用されるようです。

【余談4】:ガンブレイカーのスキルの特徴
  想像以上に「あくどい」の一言に尽きます。
  「未開」のイメージを持つ戦士とは違った暴力性を孕んだ語ばかりが集まり「意図的な凶行」といった雰囲気でした。また、空(宇宙)にまつわる単語があったのも印象的です。

ロールアクション

EnglishJapanese一言
Rampartランパート「(土や石で築かれた)城壁」の意
Low Blowロウブロウ「低い位置での(爆発や発砲を伴った突然の)攻撃」のこと
Provoke挑発そのまま「挑発」の意。「(突然)反応やある感情をもたらす」という意味も
Interjectインタージェクト「(言葉によって)相手の言葉をさえぎる」の意
Reprisalリプライザル「(相手を傷つける、もしくは罰する形での)報復行為」のこと
Arm's Lengthアームズレングス「(人間関係の)距離を置いた状態」の意。「手がぎりぎり届くくらい」と考えると心の距離感が伝わります
Shirkシャーク鮫。 / 「(無責任や怠慢により)他者に義務を押し付ける」の意。

  ご覧いただいている皆さんに、おもしろい発見があれば幸いです。
  この他にも、このブログでは日常用語・ギミックの日英対照表日英の定型文のニュアンスの違いについても紹介しています。
  言葉の違いなどに興味がわいてきましたら、ぜひ以下のページもご覧ください。

To Japanese Players
  こちらでは英語圏のひとと遊ぶ機会をもつ日本人プレイヤーさん向けに、ジャンルごとに記事へのリンクをまとめています。実用的なものから、好奇心をくすぐられるものまでご用意しています。  フレンドさんに用語やルールを説明をしたいときにもお使いいただけるかもしれません。  拙いながら記事は基本的に英語のみでのご用意となりますが、表など対照でご覧いただける内容もあるので、...